おんがくのへや 忍者ブログ

カレンダー
03 2020/04 05
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
Author:わな
★音楽大好きニンゲン。でるライブだ!
※一日にまとめて記事を大量にUPする事が多いので、前の日付に記事がUPされてたりします。自己満足炸裂blogですんません(爆)
人気blogランキングブログランキングくつろぐFC2 Blog RankingBLOOG-RANKING

わなにメール
新上田市民わなの淡々おんがくブログ。
[176] [175] [174] [173] [171] [170] [172] [169] [168] [166] [165]
2020/04/02 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006/05/16 (Tue)
VULGAR
最近またよくVULGARを聴いています。
DVD観たせいですかね。
(いや、それならむしろウィザ聴くだろ!?

堕威さん作曲の名曲、
6曲目の「RED...【em】」という曲がありますが
CDで聴くのと、ライブDVDで聴くのとは
やっぱ随分違うんだなぁと思ったりします。
(まぁ、どの曲にも言えることなんですが

例えば、違いは…
あの堕威さんの鬼気迫る感じが
CDではあまりしないという所でしょうか。

ライブの彼のギタープレイほど
怖いものはないと思う位、
私は彼のギタープレイは
恐ろしく、そしてかっこよく見えるんですが、
CDだとやっぱりプレイが見えないせいか、
あんまり怖い感じはしません。

彼の鬼気迫る感じは
まぁ、どの曲でも言えるんですけど、
何故か、何故か、特にREDでは
その鬼気迫る感じをびしばしと
感じる気がしてならないのです。

彼が作る曲や音は、
何か、こう、切ないというか、
胸に響くメロディなんですが、
何だろう、このREDに対する想いは
何か、尋常でないものが
あるような気がしてならないんです。

彼がどういう想いを込めて、
曲を作っているのかは
本人で無いので判りませんが、
ただの「いい曲」という風には
くくれない何かを、
この曲に感じるのでありました。
PR
この記事にコメントする

HN:
mail:
url:
color:
subject:
comment:
pass:

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
prevHOMEnext
忍者ブログ[PR]